代用品

“風邪”を、ひきまして。

発熱・倦怠感・咳・鼻水・のどの痛み等の、症状。

 

寝込む“暇”がとれず、誤魔化しながら動いているうちに・・・

・・・治ってしまいました(-_-;)

 

「具合が悪いので、今日は“有給”を・・・」

・・・なんて言えないのが、我々の業界のツラいところですが。

 

何とかこじらせることなく今に至ったことに、感謝です。

とにかく“流行ってる”そうですので、皆さまもご自愛くださいませ。

 

さて。

 

昨日、境内の“鬼子母神堂”脇に植えられた・・・

DSC_0330

“柘榴(ザクロ)”の実を、収穫しまして。

DSC_0694

宗勝寺の“鬼子母神”さまに、お供えさせていただきました。

 

今年はなぜだか“出来”が悪く、残念な結果に終わりました。

実が生る時季は例年より早く、数も少なかったですね。

 

また、実が割れ始めたと思いきや、すでに中が腐り始めていたり・・・

表面もデコボコと綺麗ではないものの、何とか数個をお供えできた、という感じです。

 

下記リンクの通り、“夜叉”だった頃の鬼子母神さまは・・・

人の子をさらい、夜な夜な(…かどうかは分かりませんが)食らっていました。

→「鬼子母神」について

 

お釈迦さまから、子を失う親の苦しみを悟らされ、仏道に帰依したことで・・・

子供を守り、安産をさせてくれる守り神、“鬼子母神”さまとなった訳です。

 

・・・で、なぜ「鬼子母神と言えば、柘榴」ってことになったか、と言いますと。

 

お釈迦さまは夜叉に、「柘榴を食べなさい」と仰った。

平たく言えば、「子どもの“代用品”として食え」と。

なぜなら柘榴は、“人肉”に似た味がするから。

 

そう認識されてる方、また「聞いたことある」って方、いらっしゃるかと思いますが・・・

これ、根拠のない“俗説”です。

 

正しくは・・・

17 子安鬼子母神

この鬼子母神さまがお持ちになっている、“吉祥果(きっしょうか)”というもの。

“魔除け”の力があるとされている、聖なる果実で・・・

種が多いことから、“子孫繁栄”を表しているようです。

 

ただ、鬼子母神さまが“吉祥果”を「好む」ことに、違いは無く・・・

そのため、“悪鬼”がこれを見ただけでも近寄らない、という説もあります。

 

あくまで“吉祥果”は、この世のものではありませんので・・・

“吉祥果”を表すものとして、“柘榴”が当てはめられたということ。

 

そりゃ、そうだ。

 

「“代用品”として食え」ってことは、食いたくて食いたくて仕方ないのを、“我慢”してる訳ですから。

そんな奴が、“守り神”になれるはずないですよね。

 

・・・私が“タバコ”をスッパリ止めてから、もう1年以上が経ちました。

“禁煙”したくてもできない人に、よく聞かれます。

「ニコチンパッチ?ガム?パイポ?それとも、禁煙外来?」って。

 

実は私、どれもやってません。

ただ単純に、喫わないだけ。

 

「代用品」に、頼ってるようでは・・・

やっぱり、ダメなのかもしれませんよ(-。-)y-゜゜゜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.