帳尻

今月(11月1日)の題目講・・・の、確か数日前。

台風が、来まして。

 

被害という被害ではないのですが、時季も相まって・・・

境内は(落ち葉・折れた枝や竹で)それなりに、しっちゃかめっちゃかに。

 

・・・という訳で、焼き芋です。

「焼き芋の作り方」を、webで調べますと、多々出てきますが・・・

炭火・土鍋・レンジ etc.が、主なもので。

 

環境に左右されるため、現代の日本では非常に難しいのでしょうが・・・

落ち葉100%でつくる焼き芋の味は、まさに至高そのものなんだとか。

 

・・・まず重要なのが、熾火(おきび)をつくること。

炎が収まった後の、灰がブスブスいってる状態ですね。

 

イモを、濡らした日蓮宗新聞+アルミホイルで包み・・・

熾火に投入後、上から大量の落ち葉を被せ、蒸し焼きにします。

 

そして、2時間後・・・

こんなにクオリティの高い焼き芋は、見たことがありません。

今回は、地元(千葉県香取市)産の、シルクスイートという品種で。

スイーツなどに用いられるそうで、しっとりとして、尋常ではない糖度。

 

題目講に参加の皆さんで、ワイワイと食べたかったのですが・・・

皆さん、無言のマジ食い。

まぁ、それはそれで、作った甲斐があるというもの。

 

台風に対するネガティブなイメージも、吹き飛んでしまいました。

終わり良ければ全て良し、ですね。。。

 

さて。

 

人様から、後ろ指をさされるようなことはあっても・・・

決して褒められるような人物ではなかった、Aさん。

 

Aさんが急逝された際、Aさんの奥さまが仰いました。

「このネックレスを、身に着けても良いですか??」と。

 

葬儀には似つかわしくない、煌びやかなものでしたが・・・

Aさんからのプレゼントとのことで、目立たぬよう着けていただくことに。

 

家庭を顧みないAさんの誘いで、晩年になって、初めての夫婦旅行に。

その際、最初で最後のプレゼントをしたのでした。

 

奥さまが、仰る訳です。

「あんな人だったけれど、本当は優しい人だった」と。

 

・・・時を経て、奥さまが逝去され、喪主となった息子さんが仰いました。

「これを、骨壺に入れても良いですか??」と。

 

あの、ネックレスでした。

仏さまは、人の一生に「帳尻」を合わせてくれる、なんて話があります。

 

Aさんの場合も、そうなのかもしれません。

死してなお、悪口を言われるほど、悲しいことはありませんから。

 

・・・逆手にとって、長生きするというのも、面白いかもしれませんよ。

クソジジイ・クソババアと、罵られながら。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.