良いお年を。

平成29年も、終わろうとしています。

 

12月22日(冬至)は、多古町「能満寺」さまの「星祭り」に出仕。

→【星祭り】とは

これをもって、今年の行事出仕を、無事修了させていただきました。

 

また、本日(12月30日)は、午前中にペットのご供養・・・

さらには、解体工事現場にて、井戸埋設のご祈祷を。

本年の法務も、これまた無事に修了させていただきました。

 

29日(9→苦)や31日(一夜飾り)を、避けて・・・

多くの方がお墓参りに見えた、本日。

 

かくいう私も、本日に至るまで・・・

人並みには、お正月を迎えるための準備を、させていただきました。

・・・とは言え、やはりお寺は(少しだけ)やることが多いです。

その中でも物理的に大変なのは、やはり大掃除でしょうか。

「大掃除が、面倒/嫌いだ」という方へ・・・

お寺にいる時間の多くを、作務(掃除)に充てる私から、一言。

 

モノが無い or 片付いている状態なら、掃除なんてすぐ終わります。

大掃除なんて、掃除プラスアルファですから、構えること無い。

 

つまり、あなたがやっているのは、大掃除ではなくて・・・

大整理整頓、ですよ。

先日(思わず)妻に、聞いてしまいました。

「俺って、こんなに忙しかったっけ??」と。

 

妻曰く、結婚当初(4年半前)の日常は、今の半分って感じだそうで・・・

自分自身、要領が悪くなった気は、さらさらございませんが。

 

今年は我ながら、よく働きました。

しかしながら、(ある意味)線引きした部分もあります。

 

思えば、よく遊んだ年でもありました。

しかしながら、多趣味の私とはいえ、大部分の趣味を断捨離。

 

・・・総じて、最高の1年でした!

 

もちろん、すべてが順風満帆なんて、有り得ませんが・・・

今年も、人生の最高記録を上塗りできたと、思っています。

 

思うに、(年を重ねるごとに)周りの方々に助けられているな、と。

いやむしろ、自分の周りには、なぜこんなにもナイスガイが集まるのかと。

 

ご縁の中で、動くことが出来るお蔭で・・・

この【SHUSHOJI Blog】も、成り立たせていただいてますね。

 

段々と、更新頻度が減ってしまっていて、申し訳ございません。

ただ、余りにも薄っぺらい内容を垂れ流すくらいなら、書かない方がマシかと。

 

この【SHUSHOJI Blog】が、皆さんにとって・・・

何か、物事を考えるきっかけになってくれれば、うれしく思います。

 

今年は、これで筆を置きます(キーボードですが)。

また来年も、よろしくお願い申し上げます。

 

良いお年を。

リフレッシュ

今月1日、今年最後の題目講を、無事に終え・・・

4日には、歳末助け合い運動「唱題行脚(しょうだいあんぎゃ)」へ、参加。

そんなことが、はるか昔のことのように感じるほど。

 

この3週間ほど、中々時間を取ることが出来ず・・・

当ブログも、かつてないほどの停滞を見せてしまいました。

 

ここにきて・・・

ようやく、ようやく、ようやく、一息。

 

「ご住職は、いつがお休みなんですか??」

「24時間、年間365連勤です」

 

・・・という、ベタな質問に対する、ベタな回答。

実際、住職の休みは、予定(休日)として無理矢理つくるものだと思います。

 

そうは言っても、そう出来ないこともあるのが、現実。

だからこそ、休める時には休む。食える時に食う。

 

さて。

 

お寺の前の道は、お昼ごろに交通規制がかかり・・・

「第9回 香取小江戸マラソン」が、開催されていました。

 

4000人(?)のランナーの中には、檀家さんや同級生の姿もあり・・・

家族・近隣の皆さんと一緒に、沿道で応援を。

息子は、コスプレランナーに、手を振ったり・・・

ゲストランナーの増田明美さんに、声をかけていただいたりと、ご満悦。

 

そんな訳で、年末年始に向けたアレコレを、全て忘れ・・・

久々に宗勝寺で丸々一日、まったりとリフレッシュさせていただきました。

ちなみにこの時期は、新年(平成30年度)のご祈祷札の、染筆中。

(檀信徒の皆さまには)申込み返信の都度、染筆しておりますので、ご安心を。

 

一般の方も、通年を通してお申込み可能です。

→宗勝寺 郵送祈願 ~遠方の方でもお気軽にご祈願を~

IMG_0509

お札を(シーンとした部屋で)集中して2~3時間、染筆・・・

息詰まったところで、寺務所に上がって、休憩する訳ですが。

 

ここで欠かせないのが、ブラックコーヒーと、YouTube。

この時期、私の息抜きでもあり、楽しみでもあります。

 

宗勝寺公式YouTubeページ「SHUSHOJI Tube」・・・

とか言って、頑張ろうとしたこともあったんですが、お恥ずかしい限り。。。

 

さておき、今やブログよりもYouTubeの時代でしょうか。

興行化しきったメディア媒体より、よっぽど面白かったりしますからね。

 

人気のユーチューバーは、概ね組織(会社)化して・・・

演者・企画・撮影・編集を、複数人で分担しているようです。

 

もちろん寺院も、規模が大きくなればなるほど、その傾向に。

いやー、一度でも経験してみたいものです。

 

お経(法務)だけ。

書き物(塔婆・お札)だけ。

掃除だけ。

 

想像しただけで・・・つまらなくなりそうでした。。。

なぜ、御会式には??

御会式(おえしき)とは、日蓮大聖人のご命日に行われる法要のこと。

 

全国の日蓮宗寺院では、10月13日(ご命日)を中心とし、その前後・・・

または、月遅れとして11月に、この法要が厳修されます。

 

うち(宗勝寺)の御会式は、毎年10月13日の、ご正当日に・・・

役員・題目講の各位に、ご参列いただいております。

大聖人がお亡くなりになった際、季節外れの桜の花が満開に、、、

今年も、境内の御会式桜が、小さい可憐な花を咲かせてくれました。

10月15日には、銚子市「妙福寺」さまの御会式へ出仕。

 

例年、お逮夜として妙見宮神輿の渡御が、行われるのですが・・・

今年は残念ながら、天候不順にて中止、法要のみの日程へと変更されました。

11月5日は、師匠のお寺「浄国寺」の御会式。

約50名の参列者のもと、つつがなく終了。

11月13日は、多古町「能満寺」さまの御会式へ。

 

伺うに、この前日まで、本堂改修工事の真っただ中。

天井・床・壁の補修工事を終えての、初法要ということで・・・

堂内は、お香と(新しい)畳の香りが混じり・・・

清々しい気分で、法要を勤めさせていただきました。

 

締めくくりは11月23日、匝瑳市「常福寺」さまへ。

これをもって、私が関わらせていただいた御会式は・・・

今年も無事、終えることが出来ました。

 

さて。

 

ある先輩(僧侶)が、以前漏らしていました。

「御会式に、人が集まらない」と。

 

そのお寺の、いわゆる三大行事として、続けてきているのが・・・

年頭(祈祷会)・お盆(施餓鬼会・盂蘭盆会)・御会式の、3つ。

 

先のふたつの行事には、それなりの集客だそうなのですが・・・

先輩も、「なぜ、御会式には??」と。

 

その際の会話では・・・

年頭=自分・家族のため

お盆=ご先祖さまのため

御会式=日蓮大聖人のため

 

他人、という訳ではないにしろ・・・

やはり身内ではない分、ということになってしまうのでしょう。

 

ドライとか、冷たいとか、信仰心とか・・・

そんな言葉では収められない、難しい問題かもしれません。。。

先日、次男のお食い初め(生後100日)を行いました。

 

実は私自身、こういった行事を行うことなく、成人してしまいましたので・・・

息子たちには、節目の行事はすべて経験させてあげようと。

 

身内のことではありますが・・・

人のために出来るということが、自分のためになっているのかもしれません。

帳尻

今月(11月1日)の題目講・・・の、確か数日前。

台風が、来まして。

 

被害という被害ではないのですが、時季も相まって・・・

境内は(落ち葉・折れた枝や竹で)それなりに、しっちゃかめっちゃかに。

 

・・・という訳で、焼き芋です。

「焼き芋の作り方」を、webで調べますと、多々出てきますが・・・

炭火・土鍋・レンジ etc.が、主なもので。

 

環境に左右されるため、現代の日本では非常に難しいのでしょうが・・・

落ち葉100%でつくる焼き芋の味は、まさに至高そのものなんだとか。

 

・・・まず重要なのが、熾火(おきび)をつくること。

炎が収まった後の、灰がブスブスいってる状態ですね。

 

イモを、濡らした日蓮宗新聞+アルミホイルで包み・・・

熾火に投入後、上から大量の落ち葉を被せ、蒸し焼きにします。

 

そして、2時間後・・・

こんなにクオリティの高い焼き芋は、見たことがありません。

今回は、地元(千葉県香取市)産の、シルクスイートという品種で。

スイーツなどに用いられるそうで、しっとりとして、尋常ではない糖度。

 

題目講に参加の皆さんで、ワイワイと食べたかったのですが・・・

皆さん、無言のマジ食い。

まぁ、それはそれで、作った甲斐があるというもの。

 

台風に対するネガティブなイメージも、吹き飛んでしまいました。

終わり良ければ全て良し、ですね。。。

 

さて。

 

人様から、後ろ指をさされるようなことはあっても・・・

決して褒められるような人物ではなかった、Aさん。

 

Aさんが急逝された際、Aさんの奥さまが仰いました。

「このネックレスを、身に着けても良いですか??」と。

 

葬儀には似つかわしくない、煌びやかなものでしたが・・・

Aさんからのプレゼントとのことで、目立たぬよう着けていただくことに。

 

家庭を顧みないAさんの誘いで、晩年になって、初めての夫婦旅行に。

その際、最初で最後のプレゼントをしたのでした。

 

奥さまが、仰る訳です。

「あんな人だったけれど、本当は優しい人だった」と。

 

・・・時を経て、奥さまが逝去され、喪主となった息子さんが仰いました。

「これを、骨壺に入れても良いですか??」と。

 

あの、ネックレスでした。

仏さまは、人の一生に「帳尻」を合わせてくれる、なんて話があります。

 

Aさんの場合も、そうなのかもしれません。

死してなお、悪口を言われるほど、悲しいことはありませんから。

 

・・・逆手にとって、長生きするというのも、面白いかもしれませんよ。

クソジジイ・クソババアと、罵られながら。。。

取捨選択

今年も宗勝寺境内の、柘榴(ザクロ)を収穫。

鬼子母神さまへ、お供えさせていただきました。

今年は、まずまずの実りだったのですが、早い時季に実が熟しはじめ・・・

長雨も重なり、何割かダメにしてしまいました。

 

鬼子母神さまと、柘榴の関係については・・・

以前書いたブログがございますので、リンクよりどうぞ。

→鬼子母神と柘榴の関係について

今年も、大本山「中山法華経寺」さまでは・・・

11月1日より、日蓮宗大荒行堂が開設されます。

→日蓮宗大荒行堂について

 

法華経の行者を擁護するという、鬼子母神さまをご祈祷本尊とし・・・

壱百日間の、苦修錬行に挑む訳です。

 

これに先立ち、大網白里市の本山「正法寺」さまにて・・・

去る10月16~17日、一日行堂が開催され、参加して参りました。

日蓮宗千葉県東部修法師会 主催の行事ですが・・・

当日は、千葉県西部・北部・神奈川からの参加者も。

 

荒行堂の一日をに再現し、水行・読経に励みます。

全国のいくつかの管区で、同様の行事が開催されているようです。

 

しかしながら、【朝~夕方】の日程がそのほとんどだそうで・・・

当行事は、【夕方~夕方(翌日)】という、荒行堂さながらのカリキュラム。

(千葉県東部・茨城県だけだとか。間違っていたらすみません。。。)

この日は、12月並みの気温ということもあり・・・奥歯がカタカタと。

 

さて。

 

そんなこんなで、外出することが多くなっていた、今日この頃。

その間、師匠のお寺「浄国寺」の本堂の・・・

照明が全て、LEDへとバージョンアップされました!

 

この本堂が建立されてより、早10年・・・

ハロゲンタイプのものが、次々と玉切れし始めていましたし。

 

2019年3月末、大手メーカーの蛍光灯照明器具、生産中止!

・・・なんて報道もあるくらいですから、良いタイミングかもしれません。

 

「電気代と電話代、自分で払わなきゃいけないんですよね。。。」

独立開業した方が、いみじくも仰っていました。

 

やはりお寺も、ランニングコストは・・・中々のものですよ。

パリッとしておくには、金かけるか手間かけるかしかない訳で。

 

様々なもののバランスを考えながら、「取捨選択」をする。

それは、住職としての最大の悩みでもあり、最高の楽しみでもあります。

顕彰

お陰さまで、うち(宗勝寺)も時代の流れか・・・

webをきっかけとしたご依頼を、しばしば頂戴いたします。

 

ご依頼は、様々。

ツートップとしては、ペット供養水子供養でしょうか。

 

お問い合わせの多くは、メールか電話でいただきますが・・・

その際、あることに難色を示す方が、多いのです。

 

「え?予約がいるんですか??」と。

 

一般的(?)な感覚として・・・

お寺イコール(世間的に名前が通った)大寺院、なのかもしれません。

 

観光地化されていることもあるでしょうし、そのような所では・・・

常に、数名のお坊さんがスタンバイOKで、対応してくださる。

 

(うちを含め、大多数のお寺では)お坊さんは、せいぜい住職ひとり。

丸一日、お寺に張り付くことは難しく、大原則として先約が優先となります。

 

申し訳ございませんが、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

・・・しかしながら、先日のこと。

 

車両購入による、交通安全のご祈祷のご依頼がございまして。

伺うに、ご依頼者さまは、某大寺院での(交通安全祈願)経験有り。

 

当日はご満足いただけたようで、何よりでしたが・・・

比較対象としての具体的な話は、伏せさせていただきます。。。

 

さて。

 

今月2日、千葉県東部管区「寺院顕彰(けんしょう)参拝」が開催され・・・

スタッフとして、参加して参りました。

 

その名の通り、地元寺院を参拝するという、ここ数年の恒例行事。

今回は、約130名の参加者がありました。

 

ちなみに、定員を超える申し込みがある行事であり・・・

リピーターを、多く輩出する行事でもあります。

↑山武市「蔵光寺」さま

↓多古町「妙暹寺」さま

↓多古町「妙光寺」さま

参加の皆さんの多くが、こう仰います。

「こんなところに、こんな素晴らしいお寺があったとは」

 

そう、行けば分かるんですよね。

某大寺院より、うちをお気に召してくれる方が、いらっしゃるくらいですから。

 

行けば、分かる。

行かなきゃ、分からない。

知らなければ、行けない。

知ろうとしても、分からない。

 

顕彰(けんしょう)】

隠れた功績・善行などを讃(たた)えて、広く世間に知らせること。

 

うちとて、開山400年以上・・・隠れたつもりなど、さらさら無く。

・・・となると、隠しているのは我々僧侶なのでしょうね。

 

それにしても、顕彰参拝とは・・・言い得て妙ですな。

 

効く/効かない

先日(10月4日)、八千代市「長妙寺」さまにて・・・

「痔の呪(まじな)い」に、出仕させていただきました。

毎年、旧暦八月十五夜(中秋の名月)に行われる、当行事。

 

日康上人(第29世)が、法華経三千部を読誦し・・・

呪いによって、病気平癒のご祈祷を為されたことに由来するそうです。

 

朝9時より午後4時に至るまで、常経の中お呪いが行われ・・・

約1時間に一度は、参詣者にご祈祷が行われます。

 

初参詣の方が、そのきっかけを「テレビで見て、、、」と言うように・・・

各種メディアでも、取り上げられている行事でもあります。

 

さて。

 

行事当日は、ひっきりなしにお参りの方が見えますし・・・

こちらも、バタバタしてるせいもあって。

 

当日は実際、意識することも無かったのですが・・・

ふと後から思い返しますと、参詣者の気持ちは、如何ばかりか。

 

つまり、いらっしゃる方全員が、いわゆる恥部に悩みを抱えていらっしゃる。

(治癒したことによる、お礼参りの方も多いようですが、、、)

 

中には、若い女性の方も、そう少なくない。

結構、勇気を振り絞って足を運んだ方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんな訳で、お寺にお見えになる方より・・・

事前申し込みの方が、多数だったように感じました。

 

距離の制約(全国各地・米国からの申込書あり)も、あるのでしょうが・・・

当日の参詣者の中で、ご遠方は岐阜県からだと耳にしました。

うちも、「宗勝寺 郵送祈願」などと、銘打っておいてアレですが・・・

(個人的には)ご祈祷・ご祈願は、実際にお受けになることをおススメします。

 

それは「効く/効かない」とかの、薄っぺらい話ではなく・・・

自身が受けるのと、受けたものを所有するのでは、別な話ということ。

 

おススメするには、それなりの確たる理由がございますが。

それを、ここで書いてしまうのは・・・面白くないですよ。

ネットオークションを、閲覧すれば・・・

これは、上記の話とは、似て非なるもの。

 

御朱印・御首題を頂戴するのは、お参りの証(参拝ありき)ですから。

購入はダメということではなく、功徳を積むという意味では・・・ということ。

 

まったく、けしからん!!

・・・というのが、模範的な書き方なのでしょうが。

 

信仰を抜きとしたコレクションとしては、分からなくもないですよ。

それぞれの寺院によって、染筆や印章は、やはりそれぞれ。

 

そもそも、ひげ題目は、教義的要素はもとより・・・

美意識が高く、センスあふれる文字羅列だと感じます。

 

完全個人的意見です、悪しからず。

禅定

昨日(9月26日)を以て、本年(平成29年)秋のお彼岸も、明けまして。

【9月21日 多古町「能満寺」さま 彼岸会出仕の様子】

 

お彼岸は、仏教徒のための修行週間・・・と書いてしまうと、アレですが。

肩ひじ張って、身構えるようなものではなく。

 

清く正しい心と行いで過ごす、一週間だと思ってください。

→【彼岸について(詳しく知りたい方は、こちら)】

 

・・・とは言え、私個人はそう書くのも憚れるほど。

何も出来ずに、終わってしまった気がするなぁ。。。

 

さて。

 

お寺に行く(お参り・お経・ご祈祷 etc.)ことに対して・・・

「気休めだ」と、仰る方がいらっしゃいます。

 

以前の私なら、カチンとくる発言だったかもしれませんが・・・

今の私からしたら、「気休め、上等じゃねぇか」と。

 

だって、毎日気が休まる暇、無いですもん。

語弊はありますが、仏教用語ではそれを「禅定(ぜんじょう)」と呼びます。

 

心を集中・安定させ、落ち着かせるための方法として・・・

まさにその文字を用いた、座禅という修行法は、あまりにも有名。

 

日蓮宗には、唱題行(南無妙法蓮華経のお題目を唱えること)がございます。

座禅は静の禅定、唱題行は動の禅定、といったところでしょうか。

 

禅・禅定というものに対し、様々なアプローチがあり・・・

各々が、最短ルートと信じ、実践しているということですね。

↑画像は、目黒区「妙見寺」さまの彼岸会出仕(9月23日)の様子ですが。

 

法要終了後、ご住職とお話する中で・・・

「(朝の)お勤めの時だけが、唯一自分の時間だ」と。

 

そう、通信機器が異常に発達してしまった現代ですからね・・・

今や、禅定というものは、思う以上に難しいのかもしれません。

 

考えるに、私にとっての禅定は・・・掃除中でしょうか。

この度、諸般の事情で(背負い式エンジン)ブロアーを新調。

 

4スト(今までのは2ストでした)だからか・・・めちゃくちゃ重い。。。

・・・でも、ハイパワーで楽しいです!

 

あとは、(ちょっと話は逸れますが)自分の時間という意味では・・・

就寝前(寝落ち有り)の読書、でしょうか。

 

いや、すんません・・・私の読書は、マンガ or 雑誌でして。

本屋・ネットで購入 → 2~3回読む → 自炊(ググって下さい)、といった感じ。

本棚が必要ない時代に、なってしまいました。

 

近々に読んだものでは、某国営放送で紹介(!)されて知った・・・

いわゆる、精神障害者移送サービスについて描かれたもの。

 

ノンフィクションということで、中々衝撃的な内容ではありますが・・・

人の親として、また僧侶という立場としても、色々と考えさせられました。

以上、なぜかマンガの紹介で、締めるという。。。

この世の中で、一番うまい飲み物

台風一過、夏に戻ってしまったかのようです。

気候はともかく、枝葉でとっ散らかった境内の掃除に、辟易とします。

 

私が言うまでも、ありませんが・・・

現状維持(復帰)ってのは、本当に難しいことですね。

 

毎日使う包丁は、一太刀ごとに切れ味を鈍らせていきます。

それも、ゆっくりと、気付く間もなく、鈍っていく訳です。

 

刃こぼれまでした包丁を甦らせるのは、可能とは言え大変で・・・

だからこそ、プロの料理人は、毎日のように刃を研ぐ訳です。

 

もちろん、我々人間も同じこと。

現状維持(衣食住)を心がけずして、明日は無いのではないでしょうか。

日蓮宗千葉県東部修法師会の主催による、「放生会(ほうじょうえ)」が・・・

先日(9月8日)、匝瑳市「朗生寺」さまにて開催され、出仕してまいりました。

 

私たちは、両親・ご先祖さまの命を通じて、この世に生まれ・・・

多くの命(食料など)を受け継ぎ、今日を生きています。

 

しかしながら、命の大切さというものを想いながらも・・・

現実は、食べ物を廃棄したり、自身の命すら粗末にする者も存在する。

 

古来、先人たちは日(六斎日)を決めて・・・

その日は(漁の禁止など)殺生をせず、命に感謝をして過ごしてきました。

 

放生会とは、(仏教における)殺生を戒め、懺悔する法要のこと。

生物(魚など)を野に放つことで、命を尊び、感謝を表します。

 

当日は、ご奉納いただいた鰻(うなぎ)や鮃(ヒラメ)を・・・

(法要の後)河口に放生し、ご供養仕りました。

酷な話かもしれませんが、私は、生きる以上は楽しく生きたい。

そうでなかったら、私のために犠牲になった命に、申し訳が立たない。

 

有難いことに、生命維持に全てのエネルギーを消費する状況ではないので・・・

なおのこと、そう思う訳です。

 

僧侶という職業柄、(有難いことに)多くの方と接する機会を得ます。

当然、一人ひとりと長く関わっていけば、色々なものが見えてきます。

 

あの人、この頃笑わなくなったな、とか。

あの人、最近良いことあったのかな、とか。

 

その変化は、何の変化なのでしょうか??

衣食住?仕事?趣味?家族?・・・

 

自分自身、その変化に気付いている人もいれば、そうでない人もいて。

先日お伺いしたお寺の、掲示物(初見です)。

かなり古そうですが・・・お釈迦さまのお言葉(?)でしょうか。

 

この頃(私自身)色々あって、ってやつなんですが・・・

グッと飲み干して、心機一転やってやろうかな、と。

 

それでも、敢えて言っときます。

俺より楽しく生きてるやつ、出て来いよ!

不幸の前借り

先日(9月3日)、師匠のお寺「浄国寺」にて・・・

七面大明神大祭が厳修され、出仕いたしました。

七面大明神は、七面山(山梨県の霊山)に棲まわれる、とされます。

 

七面山は、身延山(日蓮宗の総本山、久遠寺の所在地)の西方に位置し・・

七面大明神は、身延山の裏鬼門を抑える、法華経の守護神。

 

「末法総鎮守(まっぽうそうちんじゅ)」との言われの通り・・・

この世の中、そして法華経信仰の者を守護する、とも言われています。

 

浄国寺参道脇に鎮座する七面大明神像の勧請は、平成23年のこと。

私の日蓮宗大荒行堂 再行入行の折に整え、成満の際に開眼したものです。

 

ちなみに、画像の七面堂は(浄国寺の歴史上)紆余曲折を経て・・・

一昨年(平成25年)に、再建されたもの。

 

当日は、50余名のご参列をいただき・・・

無事にこの大祭を終了できましたこと、ありがたく思います。

今月(9月)は、秋のお彼岸を控えてはいるものの・・・

当行事を終え、(気分的には)だいぶ落ち着くことが出来ました。

 

落ち着くと言えば・・・今月の題目講

 

客間のイス席化や、障子の張り替えも相まって・・・

いつも以上に、まったりと、茶話会を楽しんでいただけたご様子でした。

・・・とは言え、落ち着かないのはお寺の、懐(ふところ)事情。

 

前回前々回のブログと、多少かぶりますが・・・

帳簿を見ると、今年の夏は・・・中々のものでした。

 

落雷関連では、ルーターにPCスピーカー・・・

トイレは、勢い余ってのフルリフォーム

 

その他の故障としては、本堂のエアコンや境内の外灯(新品交換済み)・・・

クルマの窓ガラス交換や、タイヤのパンク。

 

残念ながら、上記はすべて・・・

マイナスをゼロに戻すだけの、作業だということ。

 

それが大事なのは、百も承知なのですが・・・

右肩上がりが実感できない事業は、徒労感がハンパじゃない。

近年、見かけることが少なくなった気がしますが・・・

上棟式に付き物なのが、建前(餅まき)ですね。

 

起源は、災いを避けるための神事なのだそうですが・・・

一説には、「不幸の前借り(前払い)」だという話を、耳にしたことがあります。

 

自宅を建てるという、人生最大級の幸せを前に・・・

人は、その反動を恐れる訳です。

 

ならば、建て終わる前に自らの手で、不幸(この場合は散財)を演出してしまう。

ある種の、厄払いといったところでしょうか。

 

・・・そうだ、今年は良い厄払いが出来て、本当に良かった。

次は、どんな厄払いをしようかな。。。

1 2 3 4 5 22